yoshiki blog

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

インド旅 3日目 〜ジャイプル編〜

 

2日目の夜に酔った勢いでベッドで寝たので、汗、雨で汚れた服のまま寝てました。

 

8時からホテル備え付けのレストランにて朝食が食べられるから

というように連絡を受けていたので7時ごろに起きて風呂に入って〜

とする予定だけど、寝るのも遅いしアラームもセットしてないので

無理かなと寝る直前思っていたのですが

 

気がつくと

7:00ジャスト!!!

 

道路の方から聞こえてくる車やトゥクトゥクのクラクションに起こされました。

 

あ、インドや。

 

ってなりました。

 

そして、早急に服を脱いでシャワーを浴びようと思い、お湯を出そうとするもなかなか出てこない・・。

 

もしや水しかでやんやつか?お湯でるのか?

 

と5分ぐらい待って見たものの全く出そうになかったので諦めて歯を食いしばって水を浴びていると重大なことに気づきました。

 

シャンプー持ってきてないやん・・・。

 

ですが、前の記事でも書いた通りとてもいいホテルだったので小さいのが置いてありました。

 

助かった~と安心していたのも束の間。

まーーーーったく泡立たない。頭につけた瞬間に水みたいに消える。

なんも気持ちよくない。。。

 

でもそれで我慢せざるを得なかったのでそれで頭を洗い終え、手を洗う用の石鹸で全身を洗い、服を着て朝食へ。

 

普通にバイキングでいい感じでした。こんな感じの朝食!↓

f:id:yoshiki101379:20170928001058j:plain

 

焼きたての食パン×2

カレーチャーハン

牛乳につけた瞬間にふにゃふにゃになるコーンフレーク

バナナ

チャイ(インドのミルクティー)×2

 

多少きになるところはあるけれど、普通に美味しかったです。

やっぱりチャイがおいしかったですね。

気温が高くても熱いチャイがどうしても飲みたくなってしまいます。

なんでかはわかりません。みんなが飲んでるからかな?笑

 

食べ終えてから、部屋に戻り、荷物をまとめてチェックアウト。

 

今日運ちゃんと1日過ごしたらようやく自由の身になるということで頭はいっぱいでした。笑

 

この日初めに行ったのがこちら

 

アンベール城

f:id:yoshiki101379:20170928001910j:plain

 

ここのすぐ横の道路で笛と謎の箱を持った人が数人いる。

運ちゃんにあの人ら何もってるん?と聞くと

 

彼らはコブラ使いだという

 

まじか!!!

 

ということでどんなもんか見せてもらうことに。

 

歩道に座り込み蓋を開けると本当にコブラが入っている。

そして、笛を吹き始める。

本当に笛の音色がコブラの動きに影響を与えているのかどうかはわからなかったですがコブラを至近距離で初めて見て感動していると

 

お前も笛吹きたいか?と言ってきたので是非やらせて!と言って

笛を吹いてみる、リコーダーみたいなもん。

 

そしてこの後コブラを首に巻いたりもした。

毒を脱いてあるから大丈夫とは言われてもやっぱり怖いものは怖かったです。笑

 

f:id:yoshiki101379:20170928085214j:plain

 

この写真を撮り終えた後におっさん二人にチップをよこせと言われ、少し渡すとその後にこの笛を買えと言われる。

 

そんなもんいらんわ!とあしらってすぐにアンベール城へ向かう。

 

アンベール城の直前でインドに来てある野生動物を初めて目撃、それは

 

f:id:yoshiki101379:20170928085626j:plain

リス

f:id:yoshiki101379:20170928085906j:plain

 

豚はかなり汚れていて体が黒いので初めはイノシシかと思いました。

リスはインドの観光名所に行くとだいたいどこにでもいました。

 

そして、ようやくアンベール城に入る!

するとめっちゃインド人に話しかけられる。

その内容は

 

・アクセサリー買わへん?

・ガイドしたろか?

 

の2つ。

どっちも全力で無視。

 

階段を上って行くと、

日陰でヤギが寝ていたり、物乞いがいたり、

若いにいちゃん達と写真を撮ったり、タクシー用の象がいたりしました。

 

f:id:yoshiki101379:20170928164158j:plain

 

インド人は日本人を見ると近寄ってきて

「セルフィー」

と言って、インカメで写真を撮ることを好みます。めんどくさいです。笑 

 

でもせっかくなので私のiPhoneでも撮っておきました。

 

f:id:yoshiki101379:20170928164538j:plain

 

 

ようやく入場料が発生する場所に着くと、またガイドするで!って話しかけてくる。

 

またもや無視して入場券を購入してエントランスを通過!!

 

アンベール城がどういった建物なのかという詳しい事はウィキペディアや他のブログにも書いてあったりするので省略させてもらいます。

 

ガネーシャ門の前でジャンプ!!

f:id:yoshiki101379:20170928165336j:plain

 

鏡の間はとても綺麗なところで写真を撮っている人がたくさんいました。

f:id:yoshiki101379:20170928170337j:plain

 

その後、ある東アジア系の顔立ちの男女二人組に話しかけられました。

 

アジア人「ハロー」

私「ハロー」

アジア人「どっから来たん?」

私「日本やで〜」

アジア人「あー、日本人か、中国人かと思って話しかけてん」

私「なるほど、ごめん日本人やわ、、」

アジア人「まあちょっと座って喋ろや」

 

アジア人は台湾から来た男の人と、香港から来た女の人でした。

 

仲良くなってきたところで騙された話をしてみると、とても親身になって聞いてくれて、見終わってから運ちゃんに私らから言ってあげるわ。とのこと

 

これはお金帰ってくるかもしれへん!!

 

と期待しながら一緒に城を周り、運ちゃんの元へ

台湾人「おい運ちゃん、ライセンス見せろ。」

運ちゃん「急になんや。

台湾人「お前、騙したらしいやん。」

運ちゃん「おいヨシキ何話してん。」

私「お金のことについて話してん、おかしいと思ってたから。」

運ちゃん「俺は旅行会社に雇われてるだけやから内容についてはわからんねん。あとで電話繋ぐから直接話してくれ。」

私「わかった。」

 

その後台湾人と香港人はバスがあるからと言って去っていこうとしていたのですがちょっと付いてきて、と私に伝え、コーラの買い方教えたる。

と言い、それぐらいわかるわと思ってたのですが・・・。

 

香港人「コーラいくら?」

(下の看板に書いてある)

店のおっさん「50ルピー」

香港人「え?40ルピー?」

店のおっさん「50や」

香港人「じゃあええわ(呆れ顔)、バイバイ」

背を向けて帰ろうとすると

店のおっさん「40や」

香港人「ありがと」

 

といった手慣れた感じで”値切る”ということを私に教えてくれました。

 

ちょっとした感動を覚えました。

これからは関西人らしくがめつく値切っていこう!!

 

そして旅行会社の人と電話をしたのですが、相手がパッパラパーでよくわからなかったのでもうお金のことは忘れてこれから節約生活をすることを決意しました。笑

 

香港人の女の人はその後もLINEで心配してくれたりしてとてもいい人で、InstagramのアカウントがかっこいいのでURLを貼っておきますので是非見てみてください!

 

www.instagram.com


アンベール城を後にし、象の村?とやらに行きました。

 

案内してくれるインド人の説明では

・乗る

・象の体にペイントする

・餌をあげる

など色々できると言われたのですが、

料金がアホみたいに高額でした。

自分の聞き間違いかと思うぐらいの値段でした。

私は乗ることと餌やりがしたかったのでそれだけでいくら?と聞くと

3500ルピー(6000円ちょいぐらい)と言われ、アホかと。

 

誰がそんな金払うねん。

観光客をATMとしか思ってない。笑

 

なんでそんなに高いんやと聞くと

象を育てるのに大金がかかるからだということでした。

 

納得。

 

けれど、高すぎる。節約するって決めてすぐにそれは無理。

というと3000といってくる。無理高い。

 

さっそく値切りスタート!

 

本当にお金を使いたくなかった私は本気を出して

1000や!

といってやった。

 

すると、インド人は一瞬かたまり、もう一度象の飼育は金がかかるんやと言ってきた。

でも折れたらアカン!と思い、1000を貫くとだんだん値段が下がってきて、

1500まできました。笑

 

かなり頑張った。

 

まぁ500は寄付みたいな感じで払うかという気持ちで1500ルピーでできることに。

そして象に乗り、餌やりをしました。

f:id:yoshiki101379:20170928173822j:plain

 

でかい。

 

どうやって上に乗るかというと、両耳を全力で掴み、片足を鼻に乗せる、すると象が鼻で上まであげてくれました。

 

なんて賢いやつや。。

 

乗ってから15分ほど散歩?しました。

 

象にももちろん体毛?髪の毛?があるのですが、それがもう固すぎる。

針金みたいでした。見ての通り短パンで乗ったのでもうやばい。

チクチクして痛かったです。笑

 

途中で木の草を食べ出す象さん

f:id:yoshiki101379:20170928174157j:plain

 

その後感謝の気持ちを込めて餌やり、どんだけあげるんかなぁ

と思ってたら先ほどの案内人が持ってきたのがバナナ5房ほど。

 

口にくわえてあげたり

f:id:yoshiki101379:20170928181353j:plain

大事なものを取られたかのようにあげたり。(笑)

 

f:id:yoshiki101379:20170928223208j:plain

 

鼻の先っちょが汚いので服がめちゃくちゃ流れましたが楽しかったです!

 

そして、最後に案内人とゆっくり話していて、何歳?と聞くと19歳、まさかの一個下。

見た目的におっさんやと勝手に思っていた。

(笑)

せっかくなので写真を撮ろうと言い

インカメで撮ったら、、、

 

f:id:yoshiki101379:20170928223412j:plain

 

急に真顔・・・・怖すぎ!!!

 

喋ってる時はめっちゃ笑顔だったのに写真を見返すと真顔、怖すぎました。

 

 

次にシティパレスへ向かう。

 

途中で運ちゃんがハンバーガーのようなものを購入、食パンに野菜と鶏肉がはさまれたものでした。

 

それを食べ終えてから、それを包んでいた紙を捨てたくて、ゴミ箱は?と聞くと車の窓が開く。

 

外に捨てろとのこと。

 

インドで初ポイ捨て。

インドでは街中にほとんどゴミ箱がなく、持ち帰る習慣もないので観光名所の中でない限りどこでもなんでもポイ捨てをする。

 

そして、そのカスに野良牛や豚がたかる。

 

という感じです。

 

シティパレス到着。

 

まぁお城だなぁぐらいしか感動しなくなってきました。

博物館のような感じで昔の服や銃、剣などの武器が展示されていました。

お寺へ行くことは好きだけど歴史博物館のようなところへ行くことがそれほど好きではない私にとってはそれほど面白い場所ではありませんでした。

 

こんな感じ

f:id:yoshiki101379:20170928223739j:plain

シティパレスの後はジャンタルマンタルという天文台に行く予定が、、

 

まさかの16:30最終入場。

到着した時間が17:00。

 

この日1番楽しみにしていたジャンタルマンタルには入れませんでした。

 

この辺でまだ3日目にもかかわらず観光名所巡りをすることに飽きてきてしまいました。(早い、まだ10日ぐらいあるよ。)

 

その後は服を調達するために運ちゃんの友達の店に行き、インド人がよく着ている真っ白の服を購入、ついでにスカーフの値段を聞き、値切りまくって購入。

 

その後も疲れていたのでその服屋さんでゆっくりしていると、店の人が

 

店の人「酒飲むか?」

私「ビール飲みたいけどいくら?」

店の人「200ルピー」

私「高すぎやわそれならいらん」

店の人「いくらがいいんや」

私「100なら飲む」

店の人「そんなんないわ」

 

といった感じで値切り失敗。

 

でも今日は寝台列車に乗るし酔っ払ってる状態じゃ不安やったしいいか!

 

という感じでした。

 

そして夜までダラダラ過ごし、夜ごはんに初めてベジカレーという野菜しか入っていないカレーというかカレー味の野菜というか、、みたいなものを食べました。

 

f:id:yoshiki101379:20170928223847j:plain

 

かーなり辛いですが美味しかったです。

ただ、お肉を模して作った大豆の塊は美味しくなかった、、。

 

そしてようやくジャイプルの駅へ。

 

人生初の寝台列車

駅のホームで待っているとこんな光景が

f:id:yoshiki101379:20170928224012j:plain

 

人めちゃくちゃおる。夜遅いのに夕方の大阪駅ぐらいおる。

敷物引いて寝てる。

 

f:id:yoshiki101379:20170928224247p:plain

 

え!?

 

ホームの反対側のドアが開いてる。

というか、ドアがない。

そしてそこから人が普通に降りてくる。

 

高校の時にあったことを思い出した。笑

 

日本は厳しすぎると思うけど、インドは自由すぎる。

 

こういう光景を見ながら電車を待っていると意外と時間通りにやってきた。

 

私が乗るのは3ACの車両。

エアコン付きの中で1番安いやつ。

旅行会社でとってもらったやつやから観光客用の車両でもなく、インド人まみれ。

 

荷物が取られそうで怖い。

 

そして、運ちゃんに2日間ありがとうと告げ、別れて乗り込む。

 

中はこんな感じ

 

f:id:yoshiki101379:20170928224033j:plain

 

布団まみれでよくわからないけど

私は2段の上側でした。

 

エアコン付きの車両だったのでかなり涼しい、というか寒い。

 

添乗員に新しいシーツと毛布と枕をもらい、リュックを抱きながら毛布にくるまり、就寝。

 

次の目的地はジャイサルメール

ジャイプルから西へ約540kmほど。

時間はたしか12時間ぐらいだったかな?

 

寝坊することはなさそう。

起きた時に荷物が無事ですように!!!

 

 

次の記事からはジャイサルメール

 

キャメルサファリというラクダに乗って砂漠を歩く話などです!

ようやくひとり旅スタートです!

 

お楽しみに!

 

では!!!