yoshiki blog

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

インド旅 2日目(前編) 〜デリー編〜

飛行機で、デリーにあるインディラガンディー空港に到着!!

f:id:yoshiki101379:20170920191408j:plain

 

ビザを日本で取っていなかったのでアライバルビザを取得しに向かう!

f:id:yoshiki101379:20170920191651j:plain

 

Visa on Arrivalが日本人のみが利用できるアライバルビザを取得できる場所なので、もしかしたらいきなりここで日本人と会うかもしれへんなぁ、、と思っていたら

男女一人ずつが仲よさそうにしていたのでカップルで旅行かなと思って話しかけられずにいたんですが、女の人が急に一人でどっかへ行ってしまい、男の人が一人になったところで話しかけてみると、なんと同志社大学の2回生でとても話しやすいイケメンで私と同じぼっちのバックパッカーでした。名前はゆうだい君です!

 

いろいろ話していくうちに仲良くなり、一緒に空港泊をすることになったので

一緒に空港のベンチで朝一のメトロの時間まで寝ていました。

たしか夜中の2時ごろに寝て起きたのが4時半ごろだった気がします。

ベンチで寝ることに慣れてなさすぎて全然寝れませんでした。。

(腰が痛かった!!)

 

空港からメトロの駅に向かう途中に一瞬だけ外に出るのですが、二人ともそのタイミングでインド人からめちゃくちゃ「タクシー?」と言われる準備をしていたのに言ってきたのは1人だけで少し残念でした。(笑)

 

メトロの始発は4:45とかだったので始発でデリーに向かいました。

駅のホームに入る前に空港と同じように荷物検査が行われます。ただ、ゆるゆるなので、あってないようなもんです(笑)

 

f:id:yoshiki101379:20170924095747j:plain

 

そして電車に乗るためにトークンという日本でいう切符を買います。

デリーまで60ルピー。

f:id:yoshiki101379:20170924095923j:plain

 

そしてデリーまでの電車に乗り、約20分でデリー到着。

外に出て最初に見た景色がこちら

f:id:yoshiki101379:20170924100107j:plain

 

インドに来た!!!

 

この時ようやくインドに来たことを実感しました。

地べたで寝ている野良犬たち、大量の車、トゥクトゥク、独特な匂い、そしてインド人。

 

そしてゆうだい君と別々の宿だったのでとりあえず各々宿に行って昼まで休憩してからバザールで服とかを買おうと約束して一時解散。

 

僕は駅から西の方のホテルをとっていたので歩いている途中に別の駅がありそれを橋を渡って超えなければならなかったのですが超え方がわからなかったので駅員さんに聞きました

 

※ここから私の騙されストーリー開始です。

 

駅員曰く、私がとっていた宿の通りが危険なので政府の許可を得て券を発行しないとその宿には行くことができない。とのこと

そこで私はそうか、政府っていうんやから嘘じゃなさそうと思ってしまいました。

そして駅員に政府のシールが貼られた公式トゥクトゥク( これも多分嘘)に乗り、案の定旅行会社に連れていかれました。

そして部屋に連れていかれ予約していたホテルにその会社から電話をかけると

「空いている部屋がない」と言われる。

 

は!?どういうことや!?予約してたやん!?

と思いつつも、インドではこんなことすらあるのかと納得してしまっている自分がいて、わかったといってしまいました。

その後も歩き方に乗っているホテルに片っ端から電話をしたのですが、どこも

No room.しか言ってこない。

完全にこの旅行会社がホテルとグルで僕を騙しにきていたのです。

(このことも後に気づいたことで、この時は信じきっていました)

 

まぁ電車の券取るのも面倒だから値段次第ではここで買っていっても良いかな。という感じで考えてたのですが、そこで出された値段がアホみたいに高い。

けれどこのとき私ははっきりと相場を理解していませんでした。

それでも高い気がしていたのでかなり渋っていると人が3人ほど部屋に来てなんだか怖い雰囲気になってしまったのでこんなとこで死にたくないと思ってお金を払ってしましました。(泣)

 

そして私が組んだプランは、

デリー→ジャイプルジャイサルメールジョードプル→アーグラ→バラナシ→ブッダガヤ→デリー→帰国

という流れでした。

 

ジャイプルまでの車と他の移動の電車、1日目の宿、ジャイサルメールでのキャメルサファリまでを含めたぶんの通常料金の8倍ぐらいの料金を払ってしまったのです。

 

これに気づいたのも2日後ぐらいでした。。。。

 

そしてジャイプルへ向かいました。

ジャイプルはまた次の記事で書くことにします。

 

今言えることは、

インド人はどんな人でも基本的に信じてはいけません!!!!

Don't believe anyone in India.

政府、governmentという言葉は信用してはいけない!!!

Don't trust this word,government.

インドでのいろんな値段の相場はしっかり頭にいれておけ!!!

Search the market price.

 

そして、これは微妙なアドバイスだと思うのですがあまり自分に自信がないというか、ちょっとビビりながらインドに行くという人はいつでも携帯が使える状況であるか否かでかなり変わると思います。

私がもし携帯を使える状況にあったら、旅行会社で正しい値段を調べて比較することもでき、ホテルにも自分の携帯から連絡ができるという状況を作りだすことができました。

今思えばwifiルーターを買う値段など騙されて払った値段から考えるとちっぽけなものだったので買っておけばよかったとも思います。

 

これからインドに行くという人の役にたつことを祈っています!!!!

 

では!!!