yoshiki blog

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

パスポートの取得方法!!

f:id:yoshiki101379:20170807001935j:plain

 

海外旅行に行く予定がある皆さん!!

行くってことだけ決めている皆さん!!

 

もうパスポートはお持ちですか?

 

持っていない人はなるべく早くにパスポートを取得する計画を立ててください!

 

1日や2日ですぐに手に入るものではありませんよ!!

 

早く取るべき理由は

1,何事も早い方がいい

2,航空券の購入に必要な場合がある

3,航空券の購入は早く買うほど安い

ということですかね。

 

私は20歳になってすぐに申請に行ったのですが行くと決めて航空券を探した時から実際購入するまでの間が2週間ほどあったのですがその間でも2〜3万円ほど値段が変わってしまいました。

本当に早いうちからやっておくことが大切ですね。

 

 

 

 

・パスポート取得に必要な準備物

 

・パスポート発券申込書

→パスポート申請窓口に置いてあるのでそこで記入可

20歳未満の方は父母いずれかの署名が必要なので気をつけてください。

 

・戸籍謄本または戸籍抄本

→6ヶ月以内に作成されたもの、これは自分の本籍地の市役所でのみ発行可となっているものなので自分の祖父母の住所が本籍地だとそこでしか発行できないので注意!

(私は祖母のところに本籍があるため祖母にお願いして発行してもらい現住所へ発送してもらいました)

 

・証明写真

→証明写真の機械でパスポート用を選択すると間違いありませんが、規格が細かいため機械任せにするのではなく、一度自分で確認しておくのがいいと思います。

割と厳しく見られる箇所なので撮り直してくださいと言われないようにできることは頑張ってやってしまいましょう。

(下に外務省により定められた規格が記載されてあるページのリンクを載せておきます)

www.mofa.go.jp

 

本人証明ができる書類等

1つだけでいい場合と2つ必要な場合があるので、注意してください。

 

運転免許証マイナンバーカード

を持っている方はこれらだけで証明ができるので1つだけで結構です。

 

※ただし!!!

マイナンバーの通知書では不可なので気をつけてください!!

 

上記のどちらも持っていない場合は色々なものがありますが

 

学生ならば:国民健康保険証と学生証

社会人の方は:国民健康保険証と会社の身分証明書

 

が手っ取り早いと思います。

この2つがないという方は印鑑登録証明書など他にも色々あるので外務省のHPを参考にしてください。

 

 

・取得までにかかる費用

戸籍謄本の発行  ¥450 +パスポート費

ですね。

パスポートには5年パスポートと10年パスポートがありますが、10年パスポートは20歳になってからでないと発行できません。

そしてパスポート自体にかかる費用が

 

都道府県収入証紙)+(収入印紙)=(合計)

とすると

10年パスポート・・・ ¥2,000 + ¥14,000 = ¥16,000

5年パスポート(12歳以上)・・・ ¥2,000 + ¥9,000 = ¥11,000

5年パスポート(12歳以下)・・・ ¥2,000 + ¥4,000 = ¥6,000

 

ですね。

そこそこしますよね、、、、まあ期限が長いですからね。

 

・申請から受け取りまでの期間

私は申請してから受け取り可能期間が1週間後でした。

 

 

 

とりあえず私はパスポートを入手し、航空券を購入しました。

が、インドではビザが必要なので次はビザを発行しなければなりません。

早くしないと〜〜〜(汗)