yoshiki blog

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

tech::camp プログラミング学習について

こんにちは最近sumikaの春風ばっかり聞いてるナカガワヨシキです。

 

プログラミングって最近よく聞きませんか?

どのようなものかというと

f:id:yoshiki101379:20170616102101j:plain

こんな感じのコードを書いてwebページやオリジナルアプリを作るといったものです。

ちなみにこれは関西大学のホームページのものですね。

 

そして、私は兄の勧めにより、5/14~6/14の1ヶ月間プログラミングについて学ぶためにtech::campというプログラミング学習プログラムに参加していました。

tech-camp.in

具体的にはrubyという言語を学ぶというものです。

 

そしてこのtech::campの1ヶ月間のコースで受講していました。

受講といってもカリキュラムをwebでみて、それに沿って自分でやっていき、わからないところをメンター(チューターのような人)に質問して解決する。

といったものです。

校舎はたくさんありますが僕は一番いきやすい梅田校へいってました。

 

プログラミングについて少しでも気になる方はぜひ1回上記リンクからホームページを見てみてください!

 

  • 1ヶ月コースを体験して

ここからは僕の体験記、感想、現状を記します

僕は5/14からの1ヶ月のコースをやろうと思ったのが4月の終わりらへんでした、

受講した目的は、

プログラミングの技術を身に付けて就職を有利に進めようということと、大学生のうちに、プログラミングによる副収入が得られるようになりたい。

というものでした。

 

そして申し込みをしたら開始日時(5/14)の2週間前(5/1)からカリキュラムが使用できるので5/1からスタートダッシュをかましました。(スタートダッシュとはいえどなかなか進まない)

 

 

そして、サークルのダンスの練習をしていたり、1回生発表会があったり、、とすぐに1ヶ月が経ちました。

 

最終的にどこまで進んだかというと、

当初の目標の50%ぐらいしか進みませんでした。

案の定の結果となってしまいました。

 

なぜそうなってしまったのかというと、モチベーションが保てなかったというのと、途中の難しいポイントなどで止まってしまってそのまま挫折の道に、、という結果です。

 

メンターの方の話を聞いていると、

学習を始めたら、どハマりしてすぐ終わったって方もいますし、最初は本当に理解できなくて苦しんだという人もいました。

 

好きこそものの上手なれ

 

的な感じかな、、とか思う節もありますがやっぱり自分の意志の弱さを実感しました。

やり抜ける力がいつまでたってもつきません....

 

が、

カリキュラム終了間際に2度校舎に行き、面談をしていると、やっぱり自分はプログラミングの技術を身に付けたいというように思っているな〜と思いました。

そして、期間終了後もカリキュラムは使用できるのでとりあえずは自分でできるとこまではやります。

そして本当に続けることができて、もっとやりたいと思うようになったら、夏休みに延長という形でもう1度受講しようと考えています。

 

興味ある人は連絡ください!

紹介します!

紹介者がいたら5%offになるので是非!