yoshiki blog

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

人を動かす ①

 

読書を始めて1週間となる7日目、早速サボり気味になってきてしまっています。

ブログも少し曖昧になってきています、、。

 

サボりぐせを直すために始めたものなのでしっかりしていこうと思います。

 

今、2冊目として読んでいる本は

『人を動かす』という本です

これは1冊目に読んだ

リバレッジ・リーディングの著者 本田直之さんが大切にしている本であり、兄に勧められたものの1つです。

 

・すぐに感情的になってしまう。

 

・友達と討論になることが多い。

 

・周りの意見に流されて自分のやりたいことをうまく伝えられない。

 

などと思ったことはありますか?

私自身浪人の1年間で何度親に感情的になったかわからないぐらい暴れてました。

そして今でも仲良くなれなさそうだなと思った人と距離を縮めることが苦手です。

 

こういった人に読んでほしいなと思う本です。

 

読みきれてないので今回は前半のまとめです。

 

  1. 人を動かす三原則
  2. 人に好かれる六原則

 

どの章も読んでみたら意外と普通だな。と思うことばかりなのですが、なかなか実践はできていないなと思うことばかりです。

例えば、

“常に相手の立場に身を置き、相手の立場から物事を考える”

 などです。

 

意外と普通だけどできていないことではないでしょうか?

やはり一人で生きていくわけではないので周りの人の気持ちも考えた上で行動しないと気分を害することもあると思うし、これはとても大切なことだと思います。

 

“まず相手の心の中に強い欲求を起こさせること。

これをやれる人は、万人の支持を得ることに成功し、

やれない人は、一人の支持者を得ることにも失敗する。”

 

これは、要するに上に書いた相手の立場から考えるということをできないといけない。というようなことです。

相手の機嫌がいい時に奢ってもらえたりしたことがある人も少なくないんじゃないでしょうか?

その時の自分の行動を思い出してみてください。

無意識にこういったことができていたんだと思います。

 

人に好かれる六原則の目次は次のようなものです、

・誠実な関心を寄せる

・笑顔を忘れない

・名前を覚える

・聞き手にまわる

・関心のありかを見ぬく

・心からほめる

 

簡略化すると、

相手の趣味など関心のあるものについての話をしっかり聞いてあげること

といったところでしょうか。笑

笑顔や名前を覚えるとは大前提ですよ!!

 

趣味が合う人とは仲良くなりやすいですよね?

 

なのでやはり仲良くなりたい相手の趣味などがわかれば、それを話題にあげれば相手はそのことについて話し始めて止まらなくなるでしょう。

 

こんな感じで「当たり前のことを当たり前にする」ということを頑張っていきましょう!

 

※後半部分は読み終えてから書きます。(もしいらんなって思ったら書きません。)

 

 

 

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版